入力規則・初めの練習

人差し指~小指と一緒に、親指キーを押してみましょう。

実際に親指シフトで入力してみましょう。キーを押すと、画面下部の枠内に文字が出ます。
親指キーは、画面下部で選びなおせます。

打つときの手の形は、手のひらの付け根を机に付けて、親指と他の指を軽く曲げるようにして、やや猫の手のようにすると打ちやすいです。

入力規則

★親指を押さず、文字キーだけを押すと、キーの下段に書いてある文字が出ます。
例:ゅ/け→「け」

同じ手の親指を同時に押すと、キー上段の文字が出ます。
例:ゅ/け親指左→「ゅ」

反対側の親指を同時に押すと、キー下段の文字の濁音、または併記してある半濁音が出ます。
例:ゅ/け親指右→「げ」
  ぃ/ぽ/い親指左→「ぽ」

★対象の文字がなければ、入力されません。
例:っ/ん親指左→入力されない (「ん」の濁音はない)

自由に打ってみましょう

キーボードは見ずに、画面の配列表を見て打ちましょう。
※BackspaceとEnterが使えます。Deleteで全部消えます。

単語の例:「いけ」「あお」「せみ」「でんぽう」
  ・・・ホームポジションの段(中段)だけで打てます。

読み込み中・・・
設定 配列:   左親指: 右親指:

感じがつかめたら、次のページからタイピング練習へ進んでみましょう。
「次へ」をクリックで進みます。

戻る次へ