指の置き方2 親指

次に親指です。これが親指シフト入力独自の部分です。

ホームポジションに手を置くと、親指は「無変換」「スペース」「変換」の辺りに来ます。
お使いのキーボードによって、配置が違うので、押しやすいキーを親指キーとみなして使います。キーボードによっては、親指を内側に曲げ込む形になるかもしれません。
この親指キーに、常に親指を置いた状態でタイピングしていきます。

ためしに、左右の親指に使うキーを決めてみましょう。同じ側の文字キーと一緒に押すか、画面下部の「設定」で選ぶとセットされます。違うキーを押すとセットが変更されます。
今後いつでも変更はできるので、まずは気軽に決めてみてください。

設定 配列:   左親指: 右親指:

※Altキーは、Chromeでないと正常に動作しません。(ブラウザメニューが開いたり、押しっぱなしと判定されたりします。変な時は再読み込みしてください)
※Edgeは、バージョンにより変換キーが使用できません。(強制的にかな入力モードになってしまいます。英数入力に戻し、無変換+スペースキーでご利用ください)

決まったでしょうか?
よければ、エンターキーまたは「次へ」をクリックで進みます。

戻る